☆ こんな サイトにも ジャンプ! ☆



癒しや共感、求めている人に。。。

眠れぬ夜にココロの散歩


童話ちっくな物語 次のページがクセになる。

ひつじティック・エピソード


海の写真や日記的な沖縄中心の話。

Ocean-Blueな気分




2006年04月19日

この曲もイイよね! 「Made in Heaven」〜クィーン

ミドルテンポで雄大さを感じさせる曲。大気に満ち、天国へと伸びてゆくフレディの声。
「Made in Heaven」・・・
「運命は神から与えられたもの。みんな、それに従って生きている。」と歌い上げる。
それは「生かされている」というあきらめではなく、死に直面した人が受け入れた心の解放のようです。
同性愛、エイズ・・・そして死・・・フレディの人生と、歌詞がクロスオーバーします。

「フレディ・マーキュリーの魂に捧ぐ」と謳ったこのアルバムは、全体がフレディの人生と表裏一体。どの曲もフレディの死や人生を感じる歌詞であるため、そういう背景を知っている人は、泣いてしまいますよ。

クィーンの「Made in Heaven」というアルバムは、ボーカルのフレディ・マーキュリーがエイズで亡くなった後、バンドの手元に残った「彼の歌声」に楽曲をつけ、作られた曲が収められています。(全曲ではありませんが)
死期が近いとわかりながら、レコーディングしたフレディの声。
目頭が熱くなります。

そういう背景を抜きにしても、「It's a Beautiful Day」「Made in Heaven」「I Was Born to Love You」なんかは、生きているすばらしさを感じます。
肩の力が抜けて聞ける曲だし、アルバム全体も、「光」を感じ、あまり「影」を感じないです。


「Made in Heaven」・・・とってもイイ曲なのに、BEST版とかには入っていないようですね。
でも、僕にとってはフレディとクィーンからの、最高の贈り物です。

あと、アルバムの8曲目「Too Much Love Will Kill You」は、「愛しすぎることは君をダメにしてしまう〜」なんて歌詞です。フレディの自戒なのか。ボクたちへのメッセージなのか。。。

posted by ほろりん at 19:59| Comment(9) | TrackBack(3) | 洋楽ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

この曲もイイよね! Don't Stop Me Now 〜クィーン

「born to love you」 が好きな人へ

クィーンの「born to love you」は、CMや、キムタク主演のドラマのメインテーマに使われて、人気が急上昇しましたね。

疾走感のあるテンポ。清々しい愛のキモチを感じさせてくれるし、なんたって、「I was born to love you」ですよ?
「君を愛するために生まれてきたんだ」なんてさぁ。こんな“こっぱずかしい”言葉でも、あの曲にのせてうたうと、まぁ、なんてさわやかな恋なんでしょ!というように早変わり!
“クィーンマジック”ですねー。(←なんじゃそりゃ?)

この曲がお気に入りだったら、同じクィーンの「Don't stop me now」も聴いてみてほしい!
「I was born to love you」よりも爽快感を味わえますよ。
「I was born to love you」が清涼飲料水の爽快感とすると、
「Don't stop me now」は、炭酸飲料水の爽快感って感じでしょうか。
↑ もちろん、あくまで私見ですが。笑

「この曲、多分どこかで聞いたことがある」・・・と思うはず。某飲料水のCMソングにも使われていましたので。
歌詞は、ちょっと、清々しい恋とは違うんだけど。。笑 ってところを“炭酸パワー”(?)でシュポン!シュワー・・・っと歌っちゃいます。(←詳しくは歌詞をご参照ください。あは。)

自分的には、クィーンの曲の中ではベスト3に入っています。
しかも限りなく1位に近いです。・・・いや、時には1位にもランクアップするし。。。笑

嫌なことを忘れたい時、大音量(ご近所の迷惑になりますので、ヘッドホーンを使用してください。笑)で2回聴くと、ストレス解消効果がありますよ。

ちなみに、この「Don't stop me now」が入っている「jazz」というアルバムの4曲目「Bicycle Race」も、テレビのお笑い番組などで時々使われてますね。聴いたことありませんか?


posted by ほろりん at 10:12| Comment(0) | TrackBack(2) | 洋楽ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。